増額と源泉徴収

借り入れ増額

借入を行う場合は業者に対して「自分は信頼に足る人物である」という証明を行うために給与明細などを最初に提示するのがセオリーです。それによって年収を提示してその年収総額の3分の1になるように枠を設定するのが目的です。

 

ただ借入額を増額する場合には源泉徴収を提出しなければならないというのはご存知でしょうか。1社で50万円に達する場合、もしくは他社と合わせた時に100万円に達する際に提出義務が生じるのですが、この提出義務も上記の法適用時の枠設定に必要なのです。

 

源泉徴収はその本人が手に入れた総支給額の証明でもありますので借入の際には必須情報となるのです。この義務以外にも業者によっては次回借入時、もしくは最終提出日から1年以降の利用の際に提示を要請する場合などがあります。

 

債権に関しては非常にリスキーな取引でもありますので業者としても保険をかけておきたいのが本音なのでしょう。お金に関わる法律はどの法律よりも厳しく取り締まられているため、管理も相当厳しく行われています。年収などを証明する公的証明書と言うのは源泉徴収票のみのため、利用の際にはまず源泉徴収票を用意しておいて間違いはないでしょう。