公共料金の支払い

山口県 20代専業主婦 公共料金の支払いが出来ない

20代の専業主婦です。高校を卒業後、数年ほどフリーターを経験してから入籍、今は主婦として家計を担っているのですが、今回公共料金を支払うためにブラックでも借りれるような消費者金融会社を利用しました。

 

公共料金が払えなくなってしまった理由はいろいろあるのですが、一番の理由は浪費が原因で、お金を無駄に使いすぎてしまいました。

 

といってもブランド品を買いあさったり、外食を頻繁にしたといったわけではなく、ごく普通の生活を送っていただけなのですが、予想した以上に家族での生活には費用がかさんでしまったのです。

 

公共料金の支払いに間に合わなければガスや水道、電気が停められてしまうかもしれないと思い、期日に間に合うように消費者金融会社をまず探したのですが、どこも旦那の同意がなければ貸してくれないというところばかりでとても困っていました。

 

そのようなときに、ブラックでも借りれる審査がとにかく甘い消費者金融会社に出会えたのです。ここも体裁としては旦那の了解が必要としていましたが、特にこれといって確認のための作業もなく、あくまで了承はとってあるとこちらが伝えるだけで大丈夫だったので、融資までの手続きがとても簡単でした。

 

そのおかげで公共料金も滞納することなくすぐに支払うことができたので、旦那にもバレず、今では満足してます。