おまとめ一本化と多重債務

借金とおまとめ一本化について

借金をしすぎて多重債務者になってしまった場合、様々なデメリットが襲いかかってきます。まず、返済先がバラバラなので管理が面倒になります。さらに、一つ一つの返済額を合計すると高額になるので支払いが大変になり、なによりも精神的なプレッシャーにより毎日が辛いものになります。

 

しかし、おまとめローンを利用して債務を一本化してしまえば支払い先が一つになりますので、多重債務のプレッシャーから開放されて、月々の返済額は小さくなります。管理がしやすく、おまとめ先によっては金利が低くなるかもしれないなど、様々なメリットがあります。

 

もちろん、おまとめといっても良い事づくしではありません。おまとめローンを利用して多重債務を一本化すると、返済先が一つになるといったメリットを受ける代わりに返済期間が延びるといったデメリットがあります。

 

今までは生活が苦しくも高額返済をしていたため非常に早く元本を減らすことができましたが、おまとめローンを利用したことで月々の返済額が少なくなると、返済した金額の大部分が毎回利息で消えてしまうため、なかなか返済が進まないといったリスクが今度は発生するのです。

 

返済期間が延びるとせっかく金利を下げても結局利息で元を取られてしまいますので、対抗策としてはおまとめローンを利用した後も最初は返済のペースを落とさず、継続して高額返済をした方が良いです。

 

一旦元本さえ減らすことに成功すれば今後はそれほど高額の利息もとられず、少額返済でも元本を大きく減らせるようになります。

 

本当に困った時はおまとめよりも債務整理の方が人生をやり直せる

 

世の中には便利なおまとめローンというものがあります。現在の負債をまとめて一つのローンにし、且つそのローンの金利も低ければ返済するスピードと金額に猶予が生まれるという仕組みです。ですが実際にはおまとめローンを利用することが賢いことなのかと意義を唱える声もあります。

 

言わばおまとめローンも総量規制対象外の借金を再度作り直すことにもなりますので、負債を抱えるという点ではリスクのさいはつといっても間違いではありません。もちろんおまとめローンは他のローン契約を返済するためのローン契約ではありますが、審査に通らなければ利用できないなどのさまざまな制約があるため必ずしも利用が賢いとはいえないようです。

 

実際に債務整理や自己破産といったように最終手段ではありますが今抱えている借金をすべて帳消しにするための方法もあるわけですのでそちらを利用したほうがよいという声もあります。

 

ただし債務整理には専門家の報酬や裁判費用などがかさんでしまうことがほとんどです。どちらの方法にしても何かしらで費用や金利が発生するため自己負担なしで何とかする方法はないということでもあります。その上で負債額などを確認してどちらが痛手が少ないことなのかで使い分けてもよいかも知れません。