滞納するとブラックリスト?

滞納とブラックリスト

消費者金融会社のキャッシングを利用してお金を借りたら必ず返済日までに返済しましょう。返済がキツイのであればリボ払いにするなどして少額返済をすることが、ブラックリストにならないための対策になります。
ブラックリストといえば債務整理など自己破産をした人だけがなるイメージがありますが、実際には金融機関によってそれぞれ異なる条件でブラックリストにのってしまいます。

 

例えば、返済日までに返済できず、延滞してしまうとブラックリストにのってしまう可能性があるので注意が必要です。
もちろん、返済能力はあるものの、たまたま忘れていて返済が遅れてしまうこともあります。そのようなときはすぐに金融機関に連絡し、遅延損害金とあわせて返済してしまうことをオススメします。

 

連絡さえしておけばブラックリストにのることを免れることができるかもしれません。しかし、連絡を怠り、金融機関からの督促などを無視していると延滞を理由にブラックリストにのってしまいます。

 

個人信用情報機関にブラックリストとして登録されますと、5年から10年はその記録が残ってしまいます。
ちなみに、延滞は一回した程度ではブラックリストに登録されることはまずありませんが、三回連続で延滞をすると返済能力が低い人とみなされるリスクが高くなるので、一回延滞したら次回はできるだけ早めに、欲を言えばいつもより多めに返済しておいた方が無難です。

 

アコムの返済が遅れてしまった どうなる?

 

大手金融会社で有名なアコムでお金を借りて、万が一返済が遅れてしまったらどうなるのでしょうか。ドラマや映画の影響で怖い人が取り立てに来る、というイメージを持っている人も多いと思いますが、正規の金融会社であれば貸金業法に違反する取立てはありません。

 

1日でも返済期日を過ぎるとまず、携帯電話に遅れていることを伝える電話が来ます。この時本人確認が取れれば良いのですが、この電話を無視すると次は自宅に連絡が来ます。それでも無視を続けると勤め先の会社に連絡が来ます。会社に連絡が来るようになったら最後の電話連絡だと思ったほうがいいです。
もし会社への連絡も無視すると、回収員が自宅までくるようになります。電話での連絡が取れないので、直接訪ねてくるのは仕方ありません。しかし想像しているような怖い方が来るわけではなく、きちんとしたアコムの会社の人が来ますし、夜中に来ることもありません。
電話も取り立ても無視していると、ついに裁判所を通して督促状が届き、ブラックリストに登録されてしまい、アコムはもちろん、他社からも借り入れできなくなります。督促状も無視すると最終手段で給料差し押さえとなってしまいます。

 

もしも理由があって返済が遅れてしまう場合はアコムに必ず連絡を入れましょう。支払い期日を延ばしてくれるなど、アコム側もなにかしら対処してくれるはずです。