学費未納は退学に

学費払えない

学費は進学すればするほど高額になる傾向があります。特に大学の学費は中学や高校の比ではなく、たとえ国立の大学に進学できたとしても非常に高額の支払いを学生とその家族は負うことになります。

 

学費の支払いができなくなると最悪のケースとしては退学になります。ただし、最近はそのような経済的に余裕のない学生を援助する大学が増えてきていますので、お金がないことを理由に必ずしも進学を諦める必要はありません。

 

学生を経済的に支援する取り組みとして有名なものといえばまず奨学金があります。奨学金の良い点は、在学中は返済義務を負わない点になります。支払いは卒業後にまで先延ばしにすることができますので、在学中はお金の心配がないといったメリットがあります。

 

中学を卒業し、高校生や大学生になればアルバイトをして学費を稼ぐことができるようになります。学生の本分は勉強ですが、それを支えるためにもできることはやっておいた方が良いです。

 

大学生であったとしても、アルバイトなどをして一定の収入さえあれば金融機関からお金を借りることができますので、在学中に仕事をするメリットは意外と大きいです。

 

大学を卒業したか否かでその後の人生は大きく異なります。特に収入面において大きな違いがありますので、受けられる支援はできるだけ受けて、きちんと卒業することをオススメします。