市県民税 滞納

市民税県民税高すぎる 滞納 払えない 払わなければどうなるの?

市民税や県民税は必ず納期までに払った方が良いです。お金があるのならば払っておいて損はありませんし、払わなければそれ相応のペナルティが待っているからです。

 

市民税や県民税などの住民税の支払いを怠ると、まずは支払いを促すために督促状が届きます。納期が過ぎていれば滞納分も加算されて請求されますので、早めに払っておいた方が無難です。

 

この督促状を無視し、さらに支払いを拒み続けますと、最終的には口座の差し押さえといった行動に相手も出てきます。口座を差し押さえられた場合、そのお金を自由に使うことはできません。

 

口座の凍結を解除するためには滞納した分を払わないといけないのですが、滞納した金額があまりにも高額であった場合は分割での支払いも可能になります。

 

ただし、お金がなくてどうしても支払えないようなケースでは、支払いを猶予してもらうこともできます。滞納していることが問題であって、お金がない人から無理やりお金をとろうとはしませんので、どうしてもお金を払えないのならば事前に相談することがもっとも賢明な対処法になります。

 

事前に相談をし、市民税や県民税を猶予してもらうことで、督促状や催促の連絡などのプレッシャーを感じず、安心して毎日を過ごせるようになります。

 

住民税が払えないのは強制執行に

 

社会人として働くようになるといろいろ出費がかさみます。ガスや水道、電気代、携帯電話にインターネットなど様々なインフラに対して費用が発生するのですが、それ以外にも重要な費用として住民税があります。

 

社会人として暮らすようになると、賃貸だろうと持ち家だろうと住民税が発生します。ただ生活をするだけで税金がかかるので必ず払わないといけないのですが、収入が低かったり、貯金がなかったりすると住民税の支払いにも非常に苦労します。

 

電気やガスの支払いをやめると、それらの利用を停止されてしまうといったリスクがありますが、では住民税を支払わないとどのようなリスクがあるのかというと、強制執行の対象になります。

 

住民税は滞納すると最初は督促状などが送られるのですが、最終的には口座を凍結されてしまうので、生活に大きな支障をもたらします。そのため、滞納する前にきちんと払った方が良いのです。

 

税金払えない

 

消費税のような税金は普段から支払っているので払えないといったことはありませんが、住民税のようなこちらからアクションを起こして支払う税金の場合、たまに支払うのを忘れてしまったりする危険性があるので、できるだけ早めに支払いを済ました方が良いです。

 

税金の支払いは滞納しても後から支払うことができますが、できるだけ滞納はしない方が良いです。税金を滞納するとまず督促状が送られてきます。その時点では特にペナルティもなく、支払いをすれば終わりです。

 

督促状を無視し、そのまま滞納を放置すると、やがて強制執行の対象となり、所有する口座を凍結されるなどの措置がとられます。

 

口座を凍結されるとお金をおろすことができません。この凍結を解いてもらうためには税金を支払わないといけないのですが、もしも一括で払えないときは分割でも払うことができますし、分割も無理そうならば一時的に待ってももらえます。

 

税金は借金と違ってきちんと役所に事情を説明することでいくらでも対応できるので、延滞しそうになったらまずは近くの役所に相談しましょう。

 

ただ、支払うあてはあるのだけれど、一時的に支払いができないといった場合ならば、消費者金融会社などを利用してお金を借り、先に払っておいた方が無駄なトラブルを招かずに済みますので、やはり税金は早めに払っておくことをオススメします。