サラ金の金利について

サラ金の金利について

サラ金からお金を借りた場合、借り入れしている日数分だけ返済時に利息を払うことになります。利息は金利が高くなればなるほど高額になってしまうため、サラ金を利用する際にはできるだけ金利が低い消費者金融会社を選んだ方が返済の負担も少なく済みます。

 

これだけならば、サラ金の金利は特に難しくなさそうですが、実際に消費者金融会社の公式ホームページや電車のつり革広告をご覧になると、金利は一律に同じということはなく、大抵は何パーセントから何パーセントと幅がとられていることがあります。

 

なぜ金利に幅があるのかというと、それは現在借りている金額によって適用される金利が異なるからです。

 

消費者金融会社にとって金利とは会社の利益になります。そのため、お金を貸す際にはできるだけ金利は高く設定したいと考えるものですが、闇雲に金利を上げることはできません。

 

法律上、10万円以下の借金に対する上限年利は20パーセント、10万円から100万円の借金に対する上限年利は18パーセント、100万円以上の借金の上限年利は15パーセントとされています。

 

借りる金額が高くになるにつれて法律が定める上限金利は低くなっていきます。そのため、たいていの消費者金融会社は少額の融資に対しては金利を高く、高額の融資に対しては金利が低くなるように幅をとって金利を設定しています。