NHK受信料支払いについて

NHK受信料を払わない

最近チラホラと耳にするようになったNHK受信料の取立てに関してですが、おの取立てにはいくつか問題が出ているようです。
基本的にNHKでは受信料を徴収するといった運用が元々あったのは確かなのですが、経営不振からなのかあるときから急に取立てに訪問する職員が目立つようになったと言われています。

 

ではこのNHK受信料を支払わない場合はどうなるのかというものなのですが、基本的には裁判訴訟になります。ですがこの訴訟は約300〜500件の未納申告中1件ずつとなるので1市町村で当たるか否かというレベルです。ですがそこで例えば視聴していない、BSテロップなどを外したいなど元々HNKなどにも受信意図がないと明確に示している場合に関しては場合によって免除されることがあるようです。

 

ですが「受信はしているが内容的に面白くない、見ていても価値がない」などの理由から支払い義務が発生しているにも関わらず支払わないという場合に関してはこれは元々HNKが定めている基準に沿わないことになるので裁判沙汰になった際にはほぼ負けます。裁判を起こされた際も実際に自分はどんな意図があるのかどうかによってその勝敗というのは大きく左右されるというのがネット上での口コミです。