自己破産の解除

自己破産について

自己破産を解除したいけれどその方法は?

 

自己破産により免責を受けた場合、信用情報機関にその情報が残ります。この解除にかかる年数は7年から10年といわれており、その間は解除することができません。そのため、自己破産後は最低でも7年から10年はキャッシングやクレジットカードの利用が困難になると考えた方が良いです。

 

7年から10年で信用情報機関の記録は解除されますが、免責により債権の回収が困難になった金融業者がそれぞれ独自に持っているブラックリストのデータベースから自己破産の記録が解除されることはまずないので、自己破産時に利用した金融業者からお金を借りるのは難しいかもしれません。

 

過失によってブラックリストに載ってしまったのであれば本人からの申告次第で解除することは可能ですが、自己破産は裁判所に認められて初めて免責を受けられるものですので、過失によって免責ということはまずなく、一度破産してしまえば解除できるのは時間だけになります。

 

ちなみに、情報開示を信用情報機関に求めることで、現在もブラックリストに載っているかどうかは随時確認することができます。確認は郵送でも可能なので、普段は仕事が忙しくてなかなか行けないという人は電話で郵送を依頼することをオススメします。

 

情報開示を行い、信用情報機関から自己破産の記録が消えていれば晴れて解除、自己破産前と同じ状態で生活できるようになります。

 

自己破産でもお金借りれるのか

 

自己破産は債務整理の1つで借金を無くす代わりに、家や土地などの財産を失います。返済能力がないとみなされ、なかなか自己破産後に消費者金融などからお金を借りることは難しいです。

 

しかし、生活をしている上で急な出費は防ぎようがないものです。急な冠婚葬祭や、急病などは予想しておくことができないからです。そんなときにどこからもお金を借りられないというのはとても不便なものです。
たしかに銀行や名前を誰でも知っているような大手消費者金融は審査が厳しく自己破産の経験がある人は審査自体できないところがほとんどです。

 

しかしあまり名前の知られていない消費者金融は審査が甘いので自己破産後でも収入があれば融資をおこなってくれる会社はたくさんあります。
よくインターネットを見ていると「無審査で貸します」とか「ブラックOK」などと大々的に宣伝している会社も見かけますが、正規の消費者金融ではそういった甘い言葉で宣伝することはほとんどありませんので、かならずお金を借りる際は貸金業登録している正規の消費者金融かどうか確認をしてください。貸金業登録しているかどうかは、金融庁のホームページからでも簡単に確認することができますので、確認するようにしてください。

 

一度破産するとカードローンやサラ金で借りれないのか?

 

自己破産とは、財産(家や土地、貯金など)を手放す代わりに債務免責が許可される、債務整理のひとつです。
自己破産は生活を立て直すことができるきっかけになりますが、消費者金融や銀行でローンを組むことができなくなります。
なぜなら、お金を借りるとき必ず審査を行いますが、審査をするときに自己破産者だという情報を見られてしまうのです。
個人信用情報機関というところに支払い状況や債務情報など、様々な情報が登録されているので、自己破産したという経歴もすべて分かってしまうのです。

 

ほとんどの消費者金融などでは自己破産していると審査対象ともしない会社が多いですが、中小消費者金融では審査基準が甘いところが多く、自己破産者でも、現在の収入によっては融資可能な会社もあります。名前があまり知られていないというだけで、大きなコマーシャルをしていないので知名度低いですが、貸金業登録している会社なら大手消費者金融とも待遇はそこまで変わらないので安心してください。

 

ちなみに、自己破産した情報が一生登録されるということはありません。
信用情報機関によって、どの情報を何年間残すかは違うのですが、自己破産に関しては
大体10年で情報は消されます。なのでまた家を買いたいときや、車が買いたいといったときは、自己破産から10年たっていれば銀行などから融資を受けることもできるのです。