過払い金請求方法

過払い請求

過払い金請求という言葉は聞いた事はあると思います。
金融会社が請求できる金利には利息制限法という法律で決められていてそれを超える利息は無効になるので、この無効の部分を取り戻すことを過払い金請求といいます。

 

過払い金請求は弁護士や司法書士を通して請求するイメージですが、プロに頼む場合はそれなりに報酬金がかかります。過払い金請求は必要な知識を身に着ければ個人で行うこともできます。

 

まず必要なのは「取引履行データ」を金融会社から取り寄せる必要があります。手元に取引履行データが届いたら、引き直し計算をして返ってくる金額を計算します。この計算は専用のソフトを無料でダウンロードすることができるのでソフトを使ったほうが楽です。計算ができたら金融会社に「過払い金返還請求書」を作成して郵送します。ここで和解することも可能ですが、金額が見合わない場合は裁判所に提訴します。
提訴すればあとは決められた日に裁判所に行くだけです。
やらなければいけない事は多いですが、もし面倒な場合はプロに頼めばやってくれます。

 

利息ほど払っていて無駄なものはありませんので、もし利息制限法を超える利息を払っているのなら勇気を出して提訴するのもいいかもしれません。

過払い金請求のメリット・デメリット

 

過払い金請求の広告はコマーシャルや雑誌などでも取り上げられていてよく聞く言葉です。払いすぎた利息を取り戻すことを言います。

 

借金をしている人全員に過払い金が発生しているわけではなく利息15〜20%以上を払っている人が対象となりますので銀行系のカードローンを使用している人は過払い金はほとんどないことがあります。

 

過払い金請求のメリットはなんといっても、お金が戻ってくることです。まだ元本が残っている人なら戻ってきたお金を元本に当てれば借金を減らすことができますし、元本を払った人であれば全て手元に残るのです。戻ってきたお金を元手に新たな人生を始めることができるのです。

 

過払い金請求のデメリットとしては、請求した金融会社から新たな借り入れはできなくなる可能性はありますが、もう借金をしないですむと考えるとメリットにもなり得ます。さらに、完済してからリミットが10年間なので、10年以上前の借金には過払い金請求することができないのです。

 

過払い金請求をするとブラックリストにのって信用情報に傷がつくといわれていますが、実際にブラックリストに載ることはありませんので安心してください。

 

過払い金請求は正当な権利なので、払いすぎているのでは、と不安な人は一度調べてみましょう。