クレジットカードの支払いが出来ない・延滞

クレジットカード・支払い出来ないときはこちら

クレジットカードがあるとたとえ現金がなくても高価な商品やサービスを購入することができるといったメリットがありますが、当然支払いをした翌月以降から返済をすることになります。

 

クレジットカードの返済は一括の方が良いのですが、どうしても一括返済できそうにないときには分割払いやリボ払いがあります。これらの返済方式を利用することで、月々少額から返済できるので、どうしても支払いができないときにはオススメです。

 

リボ払いにして月々の返済額を減らしておけば、確かに最終的に支払う利息が高くなるといったデメリットもありますが、延滞の心配がなくなります。

 

延滞をすると遅延損害金などが発生し余計な損失になってしまうからです。そのため、リボ払いで返済をしている最中にどうしても支払いができそうになかったら、消費者金融会社からお金を借りて返済をした方が良いです。

 

ちなみに、このとき利用するのは中規模の消費者金融会社の方が良いです。最近はクレジットカードの記録なども参考に大手の消費者金融会社や銀行は審査をするので、クレジットカードの支払いがまだ多く残っていると審査で落とされてしまうリスクがあるからです。

 

しかし、中規模の消費者金融会社ならば審査が緩いので、たとえクレジットカードの延滞の記録があっても審査を通過し、お金を借りれる可能性が非常に高いからです。

 

中規模の消費者金融会社は金利が高いイメージがありますが、あくまで法律が定める上限以内の金利なので、少なくともクレジットカードの遅延損害金を支払うよりもキャッシングをした方が遥かに節約になります。