賃貸更新料滞納について

賃貸 更新料 払わないのはどうなる?

賃貸住宅にお住まいの方々であれば年に一回など周期的にやってくる悩みというのが賃貸の更新料の支払いです。契約を続行したければ支払うよう規約で義務付けられてくる更新料ですが、支払わなければどういったことになるのでしょうか。

 

答えは単純明白です。契約を続ける意思がないとみなされて契約解除されてしまいます。ですが契約解除は非常に厄介です。なぜなら本人は居住意思があるにも関わらず更新料を支払わないことで契約解除になるということは、その後もその部屋に住み続けると不法入居という扱いに切り替わってしまうからです。そうなった時に訴えられたとしても勝ち目はほとんどありません。

 

賃貸は周期的な契約によって成り立っているわけですからその点の更新料もいくら高かったとしても支払う義務はやはりあります。高すぎて払えないという時は家主や管理会社に直接交渉をしてみるか、それでも取り合ってくれない上で法外な金額であるというのであれば法律事務所など叱るべき場所で取り合ってもらうのが一番です。つまり最終的には「支払う意志がある」という意思表示が必要なのです。支払わないという意思表示はかえって自分の首を締めてしまうので決して未払いは起こさないようにしましょう。

 

ただ、更新料が発生しない賃貸もある事はあります。書類を送付すればそれだけで終了というケースもありますので契約時に長く住む予定があるのであれば更新料の有無にも着目して選ぶ必要があります。