ブラックリストから消えるまで

ブラックどのくらいで消える?

個人信用情報機関に金融事故が登録されていることをブラックリストと言います。金融事故とは、自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合や、クレジットカードやローンの返済が出来ない状況や延滞が多い場合も金融事故とされてしまいます。

 

ブラックリストは一生残るものでなく、ある程度時が経てば個人信用情報機関から消えます。しかしその年数は機関によって微妙に違います。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)ここは銀行系の信用情報機関です。ブラックリストから消えるのは、任意整理5年、自己破産10年と記載されています。
CICここはクレジットカード系の信用情報機関です。ブラックリストから消えるには、任意整理5年、自己破産7年とされています。
JICC(日本信用情報機構)ここは、クレジットカード、キャッシング、消費者金融などのの信用情報機関です。ブラックリストからようやく消えるのは、自己破産5年、強制解約5年とされています。いずれにしても長期間一度ブラックになるとなかなか消えないのです。

 

このように、情報機関によって残される年数はバラバラですが、債務整理の場合は5〜10年必要だということです。
ちなみに、この年数は解消からということで、お金を返していない状況なら何年たっても消えることはないのでご注意ください。

 

開示請求を行えば各期間の自分の情報を確認することもできます。