ブラックでも借りるには

ブラックでも借りれる方法とは

延滞や多重債務で、金融機関のブラックリストに載ってしまうとその後、お金を借りたりローンを組んだりする時の審査に影響がでます。
大手消費者金融や銀行では、ブラックリストにかなり厳しくなっているので断られる場合が多いです。

 

審査が無いわけでは無いので、確実に借りられるとは言えませんが、大手よりは借りられる可能性が高いと思います。

 

ブラックリストも借り入れしたいけどどこがあるの?

 

過去に繰り返し延滞を繰り返すなどして返済能力が低い人と判断されるとブラックリストにのってしまいます。基本的に銀行や消費者金融会社からお金を借りるとき、業者は信用情報機関の情報を参考に融資をするべきか否かを審査しますので、ブラックリストにのってしまうと銀行や大手の消費者金融会社からお金を借りることは難しくなってしまいます。

 

ただし、それは銀行や大手の消費者金融会社に限った話になります。というのも、銀行や大手の消費者金融会社は基本的に知名度があり、経営資本も豊富なため信頼されやすいので、それほど宣伝をしなくても多くの人がお金を借りにきてくれます。

 

つまり、銀行や大手の消費者金融会社はわざわざ返済能力の低い人にお金を貸さなくてもそれほど大きな痛手にはならないのです。そのような背景があるからこそ、銀行や大手の消費者金融会社は返済能力の低い人にお金を貸すのを渋るのですが、ではそれほど知名度がない中小はどうかと言いますと、こちらはある程度信用情報が傷ついていたとしてもお金を貸してくれます。

 

銀行や大手の消費者金融会社と違い、中小の消費者金融会社からお金を借りる人の多くは既に借金を抱えていたり、事故情報があるなど、返済能力に少し問題がある人ばかりになります。

 

そのため、ブラックリストにのっていたとしてもある程度は大目に見てもらえます。

 

キャッシングを延滞してしまってどこも借りれない

 

お金を借りる時には必ず審査がありますが、審査で落ちてしまうのはどんな人なのでしょうか。

 

明確な基準は公表されていませんが、確実に不利になるのは返済を延滞している人です。
返してもらえるかどうか分からない相手にお金を貸すのは慎重になりますよね。
又、現在は延滞していなくても過去に何か月か延滞してブラックリストに名前が載っている人も不利です。

 

そんな状況でもどうしてもお金が借りたい!という時は、審査基準の緩い消費者金融に申し込んでみる事をお勧めします。
中には本当にざる審査なのでは?と思うほど緩い所もあるのでご自身の状況でも借りられそうな所を探してみてはいかがでしょうか。