ブラックリストかどうか調べる方法

ブラックリスト確認方法とは

一旦なってしまうと5年から10年と長期間にわたってデメリットを被ってしまうブラックリストはなって損することはあっても得することはまずありませんので、クレジットカードやキャッシングの利用の際にはできるだけ早く返済しましょう。
期日までに返済さえすれば、どれほどクレジットカードで大量のショッピングをしても、キャッシングで高額の借金を抱えたとしても社会的な信用を失うことはなく、むしろ返済に成功することで信用情報機関における評価が高くなります。

 

反対に、どれほど少額であっても返済が遅れたり、返済そのものができなくなりますとブラックリストに登録されてしまい、将来ローンを組めなかったり、クレジットカードによるショッピングができなくなるといったデメリットがあります。

 

このようにブラックリストのデメリットは多いので、過去に返済が遅れてしまったといった経験のある人は一度ブラックリストに入っているかどうか確認してみることをオススメします。

 

ブラックリストの確認方法は直接問い合わせるか、資料を郵送してもらうかのどちらかになります。近くに信用情報機関がある人ならば時間のあるときに直接出向くことで確認することができますが、近くに信用情報機関がない人や普段は仕事で忙しいという人は郵送を利用しましょう。
本人、もしくは本人の許可さえあればブラックリストに登録されているかどうかはすぐに確認することができます。