罰金払えない

罰金を払えない場合どうなるの?

駐車違反やスピード違反などで支払うことになる罰金の支払いを怠ると、罰則の内容によって異なるペナルティを被ることになります。

 

まず、駐車違反のような軽度の違反で罰金を払うことになった場合、罰金さえ払ってしまえば特にお咎めはありません。というのも、このような軽度の違反での罰金とはあくまで行政処分としての色が濃く、事実上起訴はしないということを意味しているからです。

 

行政処分としての罰金さえ払ってしまえばこれ以上罪に問われません。そのため、罰金を払わないと刑事事件として処理、つまり起訴される可能性があるので、前科をつけたくないのであれば罰金は払った方が良いです。

 

ただし、これはあくまで軽度の罰金の話であり、酒気帯び運転のような重度の違反になると、刑事事件として処理しないわけにはいきませんので、このケースで発生する罰金は行政処分ではなく刑罰としての罰金になります。

 

重度の違反の場合の罰金は既に有罪が確定しているので、自動的に前科がつきます。刑を終わらせるためには罰金を支払う以外に方法はありませんので、以前の生活に戻るためにもすぐに支払いをする必要があります。

 

法律を違反することで発生する罰金は、軽度にしろ重度にしろ必ず払わないといけません。逃げ道は完全に塞がれていますので、支払いを命じられたらできるだけ延滞をせず、すぐに払うことをオススメします。

 

罰金払えない

 

うっかり交通違反を起こしてしまい罰金を請求されると、支払いに困ってしまいますよね。
スピード違反でも車の大きさによっては数万円請求される事もあります。

 

しかし、無視して払わないでいると呼び出しを食らってさらに面倒な事になりますので期日までに払ってしまった方が賢明です。
払いたいけどお金が無い!という場合は消費者金融で借りるのも一つの手段です。

 

一万円から貸してくれる消費者金融もありますので、必要な分だけ借りてなるべく早く返済すれば利子が膨れ上がる事もありませんし、返済日までに時間の余裕を作る事ができますので給料日前などのお金が本当に無い時期などにも大変便利です。
罰金や税金の類は、素直に払ってしまうに限りますね。
今後は罰金を課せられないように気を付けましょう。