審査なしで5万借りるには

審査なし 5万円借りたいけど出来るのか?

よくインターネットなどで見かけるようになった「無審査キャッシング」「審査が軽い、通りやすい」といったような文言ですが、特に前者の無審査に関しては実際に存在していれば誰もが喉から手が出るほど嬉しい話です。ですが、実際に無審査でお金を貸すということがありえるのでしょうか。

 

答えは絶対に貸してくれません。タイトルにも5万円が可能かどうかと記載しましたが、実際は少額であっても必ず審査対象になります。お金を借りる際の基準はかりる総合計額が年収の3分の1に相当する金額までとありますので5万円であれば年収が15万円あれば貸してくれる金額です。極端に言いましたが実際に審査を通すのには十分です。

 

ただし、審査がなぜ必ずあるかといえばその相手の人間が返済されるにふさわしい人間なのかという材料を作るためです。信用のない人に対してお金を貸しても業者はなんの特にもなりません。むしろお金を出すだけだして帰ってこないお金を待ち続けなければならないのですからそこまで不毛なことはないでしょう。だからこそ審査があるのです。

 

ただし本当に審査を行わずに貸出をしているところもあります。ですがそれは世に言う闇金融のたぐいです。相手が顧客を信用する市内に関わらず貸付を行うということは、逆に顧客からしても信用できる相手ではないということです。お金に関しては信用機構に登録されている信用情報に則りしっかりと審査を通し、今お金を借りようとしている会社は信用に足るところなのか、自分に適切な金額だけを借りることが出来る業者なのか、しっかり判断しなければなりません。審査なしの言葉の甘さに騙されては行けないのです。

 

無審査で借りるのは無理

 

金融業者をインターネットで探してみると、信用できる情報と共にたとえば甘い審査で借り入れできる、審査なしで相談可能といったような文言を見受けることがあります。

 

ですが審査について甘くしたりなしで貸付を行なうということは実際ありません。まず審査自体は返済を裏付ける信用を確認するために行なっていることですので審査を甘くすることに業者側のメリットはないのです。

 

それに審査をなしにするというのは寧ろ貸金業法に抵触するため違法行為でもあるのです。そのため審査なしに貸付をしてくる業者は問答無用で闇金業者ということになります。
ちなみに審査の基準というのはそれぞれの貸金業者によって異なります。

 

返済リスク第一の金融業者であれば債務整理などを行なった方への貸し出しはほとんどの場合は断られます。対して利用主義の小中規模の消費者金融の基準では他社の延滞がなければ貸付を行なうという業者も多くあります。ただしこれも業者によって審査基準はさまざまといわれていますので、どんな状況でどの業者であれば貸し出し可能ということもわかりません。ただ一ついえることは、審査を行なうということ自体がその業者の信用を証明する行為でもあるということです。